九州大学医学部 第一内科

医学生・研修医のみなさん

  • 新入医局員募集
  • メッセージ&レポート
  • OB・OG紹介
  • イベントレポート

九州大学医学部第一内科教室

〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
[TEL] 092-642-5228
[FAX] 092-642-5247

第一内科について

>ホーム>第一内科について>現教授挨拶

現教授挨拶

九州大学医学部第一内科は、開講112年を迎える全国でも有数の歴史を持つ総合内科学教室で、これまで在籍した教室員は約1800名を数えています。幅広い専門分野において数多くの教授を輩出し、我が国の医療の発展に貢献してきました。特に初代・第二代教授、稲田・井戸によるワイル氏病病原体発見の報告は、ノーベル賞候補ともなりました。井戸教授の急逝により受賞は叶いませんでしたが、以来、この誇りを胸に、臨床への還元を目指した世界レベルの研究と臨床力を持った内科医の養成に、一貫して力を注いでいます。

内科医は、各々の選んだ専門領域に精通することが必須です。その専門領域に更に精通するためには、翻って人体のみならず人間を総合的に見る力が必要です。このような統合された力を養うには、教育環境のみならず、人生を楽しむ力やその興味を維持する力、すなわち本人の好奇心と使命感が何よりも大事です。

第一内科には、「自分のやりたいことがやれる自由度の高さ、そしてそれを支える歴史と伝統」が息づいています。この自由闊達な気風から、臨床医学の権威、基礎医学の著名な研究者、また国の政治に関わる人材に至るまで、数多くの俊才を各界、各分野に輩出してきました。我々の根幹にある思想は、稲田教授ご自身の言葉による「Freiheit」、すなわち「自由」の尊重です。

個性は組織の確固たる基礎体力の上に「自由」を得て大きく成長する、そしてそれが組織の発展を支えるということを、私達は知っています。私達の究極の使命は、人類に福音をもたらす医療を開発・提供すること、そのために、臨床力・研究力に加え人間力を持つ、世界のリーダーとして活躍できる医師を育てることにあります。九州大学第一内科は、これらの目的を達成するため、古きを温めながら常に前進しています。

九州大学第一内科  教授 赤司 浩一

Copyright© DEPARTMENT OF MEDICINE AND BIOSYSTEMIC SCIENCE KYUSHU UNIVERSITY FACULTY OF MEDICINE All Right Reserved.