九州大学医学部 第一内科

医学生・研修医のみなさん

  • 新入医局員募集
  • メッセージ&レポート
  • OB・OG紹介
  • イベントレポート

九州大学医学部第一内科教室

〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
[TEL] 092-642-5228
[FAX] 092-642-5247

研修について

>ホーム>研修について>新専門医制度について

新専門医制度について

平成29年度から専門医制度が大きく変わります。これは平成27年度の初期研修医から該当します。新専門医制度では、初期研修後、専門研修プログラムによる後期研修を行い、まずは基本領域(19領域)の専門医を取得します。基本領域の専門医取得後、研修を重ねてサブスペシャリティ領域の専門医が取得可能となります(図1)。

図1:新専門医制度

私たちがめざす内科専門医

地域医療・救急医療・内科系全領域について、広い知識と質の高い診療技術を取得し、臨床から基礎医学まで深い興味を持ち、1つの臓器にのみにとらわれない全人的な診療を行う医師の育成をめざします。
新内科専門医制度では、初期研修の後に、内科専攻医として、さらに3年間の研修が必要になります。そのためには、いずれかの基幹病院の専攻医プログラムに参加する必要があります。3年間で56分野160症例を主主治医として担当し、うち29例の病歴要約を提出して審査を受け、修了後に試験を受けて、内科専門医を取得し、それから、各専門領域の専門医を目指すことになります。3年間のうち、1年間はかならず地域病院に勤務する必要があります。
新内科専門医の取得を目標に、初期研修・後期研修の時から、九州大学病院および研修協力病院との連携により幅広くしっかりとした研修プログラムを計画します。また、サブスペシャリティ専門医の取得まで切れ目のない研修を行います(図2)。

図2:新内科専門医取得までのプラン

1. 連携

九州大学病院と多数の研修協力病院との連携による施設群で初期研修および後期研修を行い、新内科専門医(基本領域の専門医)の取得を目指します。研修協力病院には、福岡市内外の総合病院、救急医療に優れた中・大規模病院、地域医療の中心となっている(離島を含む)病院など、各領域でのトップクラスの研修が幅広く行えます。

2. 最短

新内科専門医には、幅広い内科領域の知識・技術・経験が求められます(図3)が、最短の卒後5年目で専門医が取得できるよう初期研修の段階よりサポートします(図2)。

図3:新内科専門医取得のための要件

3. 幅広いサブスペシャリティ領域の専門医

後期研修の期間は、サブスペシャリティ領域の専門医取得のための研修期間でもあります。当科の新内科専門医は、幅広いサブスペシャリティ領域の専門医(血液、リウマチ、感染症、循環器、消化器など)が取得可能となります(図4)。
そのために、内科専門医研修と、各分野の専門研修をある程度併行し、大学院での専門分野の基礎研究にも希望に応じて早めに開始できるようにサポートします。

図4:基本領域とサブスペシャリティ領域の関係

Copyright© DEPARTMENT OF MEDICINE AND BIOSYSTEMIC SCIENCE KYUSHU UNIVERSITY FACULTY OF MEDICINE All Right Reserved.