九州大学医学部 第一内科

医学生・研修医のみなさん

  • 新入医局員募集
  • メッセージ&レポート
  • OB・OG紹介
  • イベントレポート

九州大学医学部第一内科教室

〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
[TEL] 092-642-5228
[FAX] 092-642-5247

診療グループ

>ホーム>診療グループ>感染症グループ

感染症グループ

感染症および感染微生物の動向

新興・再興感染症として、グローバルには新型インフルエンザ、鳥インフルエンザが注目され、また細菌感染症としても耐性菌感染症に注目が集まっています。耐性のない菌はないと言っても過言ではありません。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、多剤耐性緑膿菌、多剤耐性アシネトバクター、さらには基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生菌(ESBL産生菌)、メタロβラクタマーゼ産生菌といった耐性菌が問題となってきています。

宿主としても、医療の高度化に伴い、骨髄移植、臓器移植、悪性腫瘍に対する強力な化学療法、免疫抑制としての生物学的製剤の使用、さらには人工血管などの生体内器材の使用など感染症に罹りやすい、いわゆる易感染宿主が増加してきています。これまで病原性が低く問題とならなかった弱毒菌による感染にも注意を払う必要がでてきています。

感染症診療

感染症の診療にあたっては、このような病原微生物の問題、宿主の問題を切り離して考えることはできません。当教室には、血液疾患、固形腫瘍、免疫異常あるいは膠原病患者などの易感染宿主が多く存在するために、これらの易感染宿主に発症する感染症患者を診る機会も多いです。また、他院、他科、あるいは救急部などからの紹介による重症感染症患者の診療にもあたることも少なくありません。図1に、昨年1年間の感染症症例を示します。最も多いのは、呼吸器系疾患ですが、それ以外にも、感染性心内膜炎や髄膜炎、さらには皮膚軟部組織感染症に至るまで多様です。

もちろん、主治医として診療するのみでなく、各科からのコンサルト、血液培養陽性患者に対する初期治療に対するコメント作成などにも対応しており、病院全体の抗菌薬の適正使用につながるように努めています。

感染症診療のもう一つの大きな柱は、感染の予防、感染の制御です。院内の感染制御部に参加することによって、総合診療科などと協力して活動しています。耐性菌分離患者に対するラウンド、基本的な感染防御ができているか否かのチェックのためのラウンドなど、感染防御のための業務も少なくありません。

図1

感染症専門医としてのスキルアップ

昨今、多くの病院でinfection control doctorが必要とされてきています、感染の予防・制御のみならず、重症あるいは難治感染症に対する臨床における専門的な知識,経験も必要とされてきている。さらには、細菌検査法や細菌の特徴などからみるといった広い視野も必要とされています。われわれはこれまで細菌検査室と合同のカンファレンスを持ち、勉強会を開催してお互いの向上に努めています。表1はこれまでに行ってきたテーマです。このような真の感染症専門医としての需要はさらに高まっていくものと思われ、当教室の目標はこういった感染症専門医としての育成です。

表1 合同カンファレンスのテーマ

クロストリディウム・ディフィシル 肺炎球菌
D群溶連菌 大腸菌(特に腸管出血性大腸菌)
カンジダ MRSA(黄色ブドウ球菌)
カンピロバクター 緑膿菌
インフルエンザ菌 破傷風菌
腸球菌 クレブシエラ
抗酸菌、結核菌 アスペルギルス
非結核性抗酸菌症 エロモナス
大腸菌(ESBLを中心に) アシネトバクター
エンテロバクター クロストリジウム・ディフィシル
肺炎球菌 ステノトロフォモナス・マルトフィリア
感染症分野の研究はこちら

Copyright© DEPARTMENT OF MEDICINE AND BIOSYSTEMIC SCIENCE KYUSHU UNIVERSITY FACULTY OF MEDICINE All Right Reserved.